スポンサード リンク
 

2007年06月19日

PET検査の苦手

PET検査は万能君ではありません(笑)


極論

ブドウ糖と放射線のお薬がくっついているので


ブドウ糖がたくさん使用しているところに
集まるのです。


病気のところ=集まるところ


ではなく


悪いモノはブドウ糖をたくさん使うことが多い



ブドウ糖+放射線を出す薬が集まる


というわけです。




え?

ブドウ糖を使わない悪性の癌があったら?



お手上げです(笑)


そのときのために、CT,MRI,エコーの検査を網羅してあると
言っていいでしょう。


悪性のときは、CT,MRI,超音波などで判断します。



なかには、悪性のくせに(?)

ブドウ糖代謝の乏しい病気があるらしいです。


以前は


PETさえしてれば大丈夫


と、聞こえてきましたが


いまでは、

いろんな検査を組み合わせて行かなければ行けない

という感じです。



早期胃がんも苦手


甲状腺炎にも苦手です。



胃は、カメラ

甲状腺は超音波


が、精密検査に選ばれます。

posted by petpet0322 at 23:33| PET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

撮影後・・・

おつかれー

って帰ることはできません。


体内の放射線のでるお薬が排泄、減衰するまで

別室で休んでもらいます。


その間・・・


放射線技師、読影医が忙しいのです。


仮に、最初のスキャンでお薬が集まり

異常かな?


となったときに、場合によっては


時間たったら、集まったまま?集まっていない?

という情報が必要になってきます。



そういうときには、


その場所だけ絞ってスキャンします。



何も、所見が無ければ

時間がたてば、お疲れ様でしたとなるのです。



安静がつらそうですが


当病院の施設では、

安静時のリクライニングできる椅子がすごい!!


ファーストクラスみたい。


一個、○十万円とか・・・


一度、健康を調べるために体験してみては?


私、座らせてもらいましたが


ソッコーで寝そうでした(笑)
posted by petpet0322 at 22:51| PET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

安静が一番大変!!

寝てるだけではないの?


そう、寝てるだけ。

しかも、何も見ないで、考えず・・・


だって、頭使うと、脳が働き糖代謝が活発になり

お薬が脳に集まってしまうから・・・


ふむふむ・・・・


どうするの?


脳に集まらないようにするには

不可能なので(笑)


ぼーーーっとしていてください。


テレビも見ないほうがいいのですが、
苦痛なので

テレビをみて、ぼーっとしてもらっています。

これが、結構大変!!


動かないで、といわれるち動きたくなるのです。


さて、お薬が体に行き渡りいまから、撮影です。


撮影室に移動してどうするか?


動かないように寝てるのです(笑)


PETドックは、お薬を注射するまで

採血、尿、その他の検査を詰め込んで回ってもらい

お薬が体に入ると今度は


動かないで!

考えないで!

という、わがままな検査なのです(笑)
posted by petpet0322 at 00:28| PET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

オシッコの仕方(まじめに)

お薬を体に入れて体に行き渡るまで

リクライニングチェアーなどに安静にしてもらいます。


時間がたって、スキャンの前に

トイレに行ってもらいます。


PETの薬は尿として体外に排泄するので

時間がたつと膀胱にたまります。

すると、

どうしても骨盤の情報が得にくくなります。


だから、撮影前にトイレに行くのですが


洋式の座ってするトイレがあります。


男性も女性も


座ってしてもらいます!!



オシッコを。


理由。



男が汚しちゃうから。



尿に放射線のでる薬が混ざっているため

汚すと次の人が余計な被ばくをしてしまうから。


自分の足にかかっても


汚れるわ、余計な被ばくするわ・・・


最悪ですから。


posted by petpet0322 at 22:17| PET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

検査の流れ・・

1:検査前4〜5時間は絶飲食です。

2:検査着に着替えてもらいます。

3:ブドウ糖に放射線の出る物質をくっつけたお薬を
  注射します。


4:薬剤が体に行き渡るまで、安静。(大体60分くらい)

5:PET撮影!!(大体30分くらい)

6:検査後休憩(大体30分くらい)



生理的な自然に集まったのか?

病気(癌)なのか?


判別するために、追加で撮影が入ることもあります。


次は、注意事項などを・・・


posted by petpet0322 at 23:40| PET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

どのくらいの癌がわかるの?

PETがこの世に知れ渡るようになって

よく話題になるのが

どれくらいの大きさまでわかるのか?



最初は、

ミリ単位でわかる!!


だったのですが、


現在は



1センチの癌がわかるかもしれない


って、感じですかね(笑)


PETも得意不得意がありまして


癌以外にもPETの薬が集まってしまう事があります。


例えば


頭部。


頭は、いつもブドウ糖つかって休みがありませんから。


いいやつ、悪いやつであろうが

ブドウ糖を消費し、

PETの薬が集まってしまうのです。


どうするか?


CTやMRIなどで総合的に判断するしかありません。

posted by petpet0322 at 01:51| PET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

欲張りな悪いやつ(笑)

さて、癌細胞は正常細胞より


ぶとう糖を数倍消費する性質がある。



その性質を利用し、ブドウ糖に放射性物質をくっつけて


癌細胞に集まった、ブドウ糖+放射性物質を取り込み


画像にするのですが


一番重要なのは


放射性物質とくっついたブドウ糖





ブドウ糖


が、

体内で同じ動きをするという事


が大事でした。


ブドウ糖+放射性物質が体内で、


ブドウ糖と同じように癌細胞に取り込まれなかったら


検査になりませんからね。


化学式が絶妙だったのです。


悪いやつ(細胞)は欲張り


だったんですね(笑)
posted by petpet0322 at 23:29| PET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

PETとは?

皆さん、耳にしたことあるでしょうか?

PETとは、陽電子放射断層撮影装置の事です。


????


ですよね。

正式な言葉は

ポジトロン・エミッション・トモグラフィーです。

ますます、わからないですよね(笑)


癌の全身検査が可能な検査がPETです。


がん細胞は、正常細胞に比べて


ブドウ糖を多く消費する



性質があります。



その、性質を利用しブドウ糖に放射線が出る物質を


くっつけて体内に投与し

集まっている場所が、癌の可能性があるという原理です。



これから、徐々に記事をアップしますので

皆様よろしくお願いします。


posted by petpet0322 at 22:46| PET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。